ホーム  >  不動産・住宅の舞台裏ブログ  >  不動産の事(営業・接客など)

「不動産の事(営業・接客など)」の記事一覧(12件)

ネットでみたこの物件、どうですか?
カテゴリ:不動産の事(営業・接客など)  / 投稿日付:2018/11/30 16:19


かなりバタバタしていまして


このブログ更新が飛んでました・・・




で、ちょくちょくお客さんに聞かれるのが


「橋本さん、このネットの物件どう思います?」


ってことですね。


わざわざ聞いてくださるのが


本当にありがたい。


まっ正直に答えてしまうからですが(笑)




SUUMOとかこういったポータルサイトを


見ている人はまだ多いですが


役割が少し変化してきた感じです。




で不動産業界にいてると分かりますが


こういったポータルサイトに


物件をバンバン掲載している会社は


高い確率でイケイケ営業をしてきがち。


「数多く掲載せーっ」


「反響をもっと増やせーっ」


っていうノリですね。




ポータルサイトに物件掲載しようが


ホームページに掲載しようが


お客さんの立場になった


物件紹介をしないといけない。


反響とはいっても


お客さんは相談したいんですよ。


もうイケイケの情報発信は


お客さんも気づいてると思うんですよね。

最初に住宅業界にいてて良かった事は
カテゴリ:不動産の事(営業・接客など)  / 投稿日付:2018/11/02 18:52


住宅の仕事を長くやってて


また間取り設計もできて


ホンマによかった事は


●土地を紹介する時


●リノベーション前提の


一戸建てやマンションを紹介する時に



【完成がある程度見える事】



これが一番役立ってます。



この物件やったら


お客さんの要望に合うっていうのが


具体的にイメージできないと


紹介もできないですからね。



そういった点では


グイグイと営業する人が多い


この不動産業界。


もし会社員だったら


私はダメな営業マンかな(汗)


でも無理な営業をしたくないから


数多くのお客さんと出会う事。


多くのご紹介を頂く事。


こちらに集中しています。




他にも住宅知識があって良かった事



物件の新着情報などが


毎日入っては来ますけど


なんでもかんでも


良い物件な訳はないんです。


(皆さんもよくご存知かと)



特に不動産会社が売主の


新築一戸建てとか


建築条件付き土地なんかは


一見良さげに見えそうですが


売り出し価格を厳密に見たり


建物の仕様や間取りを


チェックしたりすると


そうでもなかったりします。



その辺も含めて、お客さんに


専門的にアドバイス


または
考察を伝えていく事が


私のスタイルかと考えてますね。



それには相場や事例だけでは


語る事ができないですよ。


住宅の専門知識が必須。


住宅業界にいてて良かったぁ。

純粋な仲介の役割
カテゴリ:不動産の事(営業・接客など)  / 投稿日付:2018/10/30 14:39


すごい根本的な事を書いちゃいますが


仲介ってのはホンマ役に立つと思う。


不動産だけじゃないでしょうけど


双方の間に入るという事で


物事がうまく進む、もしく丸くおさまる


という性質があります。




ぶっちゃけて書きますと


「コレ、仲介入ってなかったら


絶対に決別してるよな・・・」


というのを実感する時もあります。


持ってられる性格にも


多々影響されるのではありますが


直接ではなく仲介役に話をする事で


納得感も出てくるでしょうし


一回クッションが入るので


ホンマだったら厳しい事を言われたとしても


感情的にならずに受け止めて


対応を考えていただく余裕も生まれます。




その分、我々は気を使いますが(汗)


胃が痛くなる時もありますが(笑)


その為の仲介ですからね。




スムーズにいくのがそりゃ嬉しいですが


困難な時でも何か役に立てそうで


テンション上がり気味かな。

事前相談がベター
カテゴリ:不動産の事(営業・接客など)  / 投稿日付:2018/10/22 10:55


不動産を購入しようとする時




ネットで物件情報を見たり



チラシを見たり



物件探しから始める方が



ほとんどだと思います。





もちろん私もまずは



「どんな物件があるんかな?」



ってなります。





でもその次のアクションとして



気になる物件が出てきたら



そこの不動産会社に連絡して



見に行くという形が多いかと。





全然OKなんですけど



私としたら本当は



【住まい探しの相談】から



問合せがあるのが



理想っちゃ理想です。



お客さんのご要望が先に



分かった状態で



話ができるから。



当社に限った話ではなく



他の不動産会社に問い合せる



場合でも同じかと思います。





もう1つの理由は



事前に営業担当の考え方や



合う・合わないも分かるから。



気になる物件があって



問合せの電話やメールをして



物件ありきの状態で



営業担当を見極めるのって



結構難しい部分もあるんです。



それなら、なんか良さげな



不動産会社があったら



事前に相談だけ行ってみて



担当を先に見極めれれば



気持ち的にすごく楽ですね。





相談のつもりやのに



今売りに出てる物件を



やけに勧めてきたり



なんか対応が冷たい。



また数回会えば、なんとなくでも



担当の性格が見えてくる。



そんなメリットが



お客さんの方にもありますよ。

建築条件付きの間取り対応
カテゴリ:不動産の事(営業・接客など)  / 投稿日付:2018/10/13 10:16


昔、建築条件付きの



販売をしている現場で



【営業マンがお客さんから



間取りの要望をヒアリングして



設計に伝え、間取りを作成】



という販売方法を



見る機会がありました。





設計はお客さんと会ってないから



営業マンの伝え方と



要望の理解度に差が出る。





そこで感じたのは



営業マンの間取りセンス。



当たり前のことなんですが



出来上がってくる間取りの



完成度が営業マンによって



全然変わるんですよね。



同じお客さんが同じ要望を



違う営業マンに伝えたら



全然違う間取りが出来る



そんな感じです。





悪く言っちゃ申し訳ないが



「要望を全く把握してないやん」



くらいな間取りになる。



そうなると「営業いらん・・・」





お客さんにしたら



なにがベストな間取りなのか?



この間取り以外にあるのか?



普通は分かりませんよね。



「なんか違う・・・」



こんな感じではないかなぁ。





まだまだこんなミスマッチが



多い不動産業界です。


不動産仲介のアドバイス
カテゴリ:不動産の事(営業・接客など)  / 投稿日付:2018/10/04 11:46


近年、不動産価格が上昇気味。



まぁそれでも最近は



落ち着いてきましたが



やっぱ目立つのは



不動産会社の買取りによる



リフォーム済み物件。



メチャクチャ高いやん



って物件も出てます。





他の会社の営業マンに聞くと



「高くてもお客さんが

気に入ったら、それでOK



「そんな事言ってたら

なかなか売られへん」



とか生々しい発言もあります。





でも、そっかな。



この仕事って、今後のお付き合い



がかなりウェイトを占めるし



家探しを一緒にすると同時に



アドバイザーでもあります。





相談相手として期待されてて



高いと思ってる物件を



「いいですね」とか言って



ウソは付けない。



それなら



「●●●万円になるなら

検討してもいいと思います」



こう伝えるのが本来かと。





単に家探しを一緒にして



営業ばかりしてるだけなら



そんな仕事はいらん。



そう思います。

購入時の諸費用
カテゴリ:不動産の事(営業・接客など)  / 投稿日付:2018/09/20 19:19


みなさん 物件を購入した時の


諸費用はどんなのがあるか?


ご存知でしょうか。




項目で書きますと


・契約書に貼る収入印紙代

・仲介手数料

・登記費用

・固定資産税等の精算金(売主さまへ)

・住宅ローンの諸費用

・火災保険料


これらにプラス、マンションなら


・管理費・修繕積立金の日割り精算


こういった項目がすべてです。




で、今回のブログでは


諸費用の金額についてじゃなく


気を付けてほしい事について。




茨木市ではあまり見かけませんが


・契約書作成料


とか訳わからん項目を


お客さんに請求してる


不動産会社もあります。


そんな書類の作成料なんて


仲介手数料に含まれてます。


含まれてるといいますか


そういった事も仲介業務。


これ当たり前。




なのに仲介手数料とは別に


契約書作成料とかいって


ウン十万円も取る


悪徳な不動産会社がある。


ホンマ気をつけてください。


もしそんな項目を見つけたら


物件が気に入っていようが


ただちにストップしましょうね。


ロクな仕事しませんから。




んで、もう1つ


これは項目として


請求する会社も多いようですが


・融資手数料。

(銀行ではなく不動産会社の)


3万円とか5万円とか


時には10万、20万もあるみたい。


ワタクシ的には


「これも仲介業務の一貫やん」


って思うのですが・・・。


要は住宅ローンの事前審査や


申し込みなどの手続きを


不動産会社がやりますという


まぁ住宅ローン手続き代行みたいなもの。




色々と資料をそろえて


銀行に渡してと


たしかに労力はかかりますが


別に請求するのはどうかと思う。




こういった手続きは


お客さんでも可能なんです。


でも必要書類が意味分からん?とか


特に事前審査はスピード勝負みたいな


部分がありますので


結局不動産会社に依頼されるみたい。




そこらへんは不動産業界も考えてて


「お客さん自身でやると大変やから


不動産会社に依頼する。


だから融資手数料を頂ける。」


という昔からの業界の考えでしょうね。




諸費用をチェックする時は


こんな項目も確認してくださいね。

不動産会社への相談
カテゴリ:不動産の事(営業・接客など)  / 投稿日付:2018/09/19 09:13


住まいを探す時って



チラシやネットで見た物件に対して



問合せという形が多いですが



(いわゆる「物件ありき」ですね)



どっちかというと



「●●●みたいな感じで



探してるけど、どうでしょう?」



って相談から始まる方が



私としたらウレシイかな。



(いやどっちでもウレシイですよ



あくまでどっちかというとみたいな)





理由は



お客さんの要望が先にあって



物件を見ることが出来るから。



ある物件に問合せがあって



初めてお会いして



物件をご案内して



あとから要望を知る



っていうより、ご案内の説明や



他の物件との比較とか



密度が変わってくる可能性があります。





って私の勝手な思い書いてますが



物件探しってタイミングであったり



その時の感覚ってものに



大きく左右されるものですし



お客さんのペースにまかせます(笑)。

物件を探す時・・・
カテゴリ:不動産の事(営業・接客など)  / 投稿日付:2018/09/09 16:43


物件探しする時 みなさん、どーされます?


「名前を知ってる大手の会社」とかまだまだまだ多いかと思います。


このブログでは営業的な事は全くなしで


現時点での考えを書きますね。




・物件が決まっている


・見学したいだけ


・営業担当は二の次


それなら大手の会社でも、それなりの会社でもいいかと。




でも、自分で不動産会社をしている今だから言える事は


会社が小さくても大きくても営業担当はものすごく大事。




この不動産業界って、営業的な会社がまだ多いから


・問合せがあった物件


・今売りに出てる物件


で、すぐに契約する様にすすめていくでしょ。


私ならその時点でアウト。




お客さんの事よく知らないのに、要望を把握しきれてないのに


今ある物件だけでどれかを決めさせようなんて


おかしくないですか・・・


色々と話をして、お互い悩んだりして


「やっぱりコレがいい」 やったらいいんですけどね。




私は、そう考えてます。


契約して、引渡しして、それからもお付き合いできる関係。


私自身も納得している事がおススメする条件です。

不動産営業マンの対応例を聞いてみました
カテゴリ:不動産の事(営業・接客など)  / 投稿日付:2018/06/05 00:00


設計士の人と話をしてまして



その人は、色んな不動産会社とも


仕事をしている様でして


各不動産会社の対応とか


少し聞くことが出来ました。



例えば、建築条件付きの土地。


『間取りの打合せに同席するんですか?』


って質問したら


『いや、いないよ。


なんやったら最初の挨拶時にもおらへん』


って言ってました。


考えられへん・・・



初期の接客だけやって


申込みや契約したら、あとは知らん。。


そんな対応をしてるみたいですね。



『それやったら、営業マンは


全然知識が付かへんですね。』


それに対しては


『会社としては営業に知識を求めてない。


逆に知らんから強引に契約してるよ。』


って返事でした。



営業マン個人の問題とかじゃなく


それは会社の方針でもあると。


ちょっとね・・・



まぁ そんな不動産会社って


何回か打合せしたら


お客さんにバレちゃうから


デザインやイメージを打ち出して


勢いで契約まで持っていきがち(汗)。



新築一戸建てとかの完成物件でも


基本的に一緒ですよ。


実物が見られるから


あまり気にならないかもですが


何千万という買い物です。


それは どんな性能の家なのか?


一般的な住宅と比較してどうか?


キチンと説明してもらいましょう。



・新築が安いから


・早く決めないと無くなりますよ


そんな話だけで、高い仲介手数料を


払う価値がありますか?


住宅・不動産ってのは


そんな軽いもんじゃないと思います。

 1 2 > 

ページトップへ