ホーム  >  不動産・住宅の舞台裏ブログ  >  2021年10月

「2021年10月」の記事一覧(3件)

【不動産業界内部にいてて分かる事】
カテゴリ:不動産の事  / 投稿日付:2021/10/26 08:47


お客さんにたまに聞かれる事で「不動産業してて、裏話というか、気をつけた方がいい事ってあります?」という話。業界内部にいてないと感覚的に分かりにくい部分もありますが、いくつかご紹介。



①スーモなどのポータルサイトに多くの物件を掲載している不動産会社に気をつけて

コレは不動産業界で働いていると実感しますが、掲載可能な物件は取り敢えず掲載して反響を取ろうとする営業会社の要素が高い。お客さんに合うかどうか関係なく、物件内容も二の次にして営業してくるでしょう。


②売却一括査定サイト(大手不動産会社のサイトも含む)は判断がブレるだけ。そして物件情報を囲い込まれる。

不動産会社って売却の依頼を頂く事もメインの仕事。「売却を依頼されたい」んですね。

そうしたら高い査定価格を出して、まずは依頼してもらえる様にするのは明白・・・。売却じゃなくて、査定合戦になります。まぁ売却を依頼するんじゃなくて、参考にする位でいいサイトだと思います。参考にしてから、信用できる会社に個別で相談するのが良いかなと。


③(個人的な考えですが)建築条件付き土地にお得な物件はない。

不動産会社が売主になっているので、そりゃ利益出ないといけませんから。さらに建物にも利益が乗っている。

分かりやすくストレートに書くと、一般の人が土地を売ろうとしていて、買った人に建物指定も強要されたらどう思います?数百万円の利益を乗せられて。「なんでやねん!そんな土地いらんわっ」って感じるでしょ。不動産会社が同じ事やってるんですけどね…。

不動産業界の慣例だからスルーされてる(一般的な事だと思われてる)んですね。



建築条件付き土地を検討する場合は、土地・建物ともに相場とバランスが取れているのか?をキッチリと納得できる説明をしてくれる担当を見つけるのが正解になります。


結構長くなってしまった(汗)。他にも色々とあるので思い付いたら書いていきますね。

【売却を依頼された不動産会社に起こる事】
カテゴリ:売却について  / 投稿日付:2021/10/08 14:56


以前から何度か書いている【物件の囲い込み】について。

当社もご売却を依頼される事が多いのですが、もちろん当社のお客様(買主様)で成約して頂けるよう活動を行いますが、レインズ(不動産会社だけが閲覧できる物件情報システム)にもキチンと登録して、他の不動産会社も含めて広く情報をOPENにし、良い条件で成約に至るように努めています。



レインズに登録すると他の不動産会社からの問合せが結構あります。いわゆる物件確認ってやつ。
物件確認だけって時もあれば、「広告関係は掲載しても大丈夫ですか?」っていう時もあり、当社はもちろん広告可。当たり前でしょ



でね気になるのは、そういった広告確認してくる中には、自分の会社が売却を依頼された時は情報を隠す(囲い込む)とこが結構多いんですよ(怒)。広告不可とか、そもそも他社には案内させないとかね・・・。

腹立つからといって、同じような対応なんてしません。そんな事したら当社も同じ部類になっちゃいますし、なにより売主様への背信行為になりますからね。



自分の会社は絶対に他社に広告(案内)させないのに、「ネット関係の広告は大丈夫でしょうか?」とか平気で聞いてくるんだもんなぁ。仕事じゃなくて、人としてのプライドないんかなと。

自分の会社は情報を隠しているから、他社の情報には頼らないんだ!みたいな気概を持ってくれよって本音では思います。



ご売却をお考えの方、本当に当たり前のようにある話ですので気を付けてください。安心できそうな大手さんもみんなやってるのが実情。それでも「売れたらいいやん」って感じるかもしれませんが、もし情報を隠された先に【もっといい条件で買ってもらえるお客さんがいてたら・・・・・】。ありえる話です。

【西宮の住宅展示場に行ってきた】
カテゴリ:住宅・建築(リフォーム・新築の事)  / 投稿日付:2021/10/04 12:42


先週の土曜日に西宮の住宅展示場まで行ってきました。

古巣の会社の先輩のお客様の土地取引に関しての打合せです。


私が配属されていたのは北大阪営業所だったので、西宮展示場は神戸営業所管轄でセキスイ在籍時代も数回しか行った事はありません。

土曜日とはいえ、結構人がいて賑わっている感じでしたね。せっかく行ったので入り口に置いてある展示場の間取り図をもらってきました。




昔はもっと生活感のある間取りにしていましたが(それでも広いので現実味は薄いですが・・・)、完全にショールーム化していますね。LDKや洋室など部屋を見るというより、住宅の特徴を見る展示スペースやインテリア確認の要素が満載です。



「理想のマイホームを探すぞ!」っていう意気込みのお客さんは、どのハウスメーカーにすべきなのか?判断するのはかなり難しくなっているんじゃないかな(汗)。広いとはいえ、各ハウスメーカーの特徴が出た間取り・内装になっている方がまだ目に(頭に)入ってくるような気もします。



まぁ長年住宅業界の現場から離れている身ですので、今はこういった【見せる展示】が主流なのかは分かりませんので、これ以上勝手な事は書かない様にします。



しかし、1日で数社まわって数千万円の買い物先を決めるお客さんは本当に大変な作業だと思います。でもね、結論を言うと【最後は人(営業マン)ですよ】

ページの上部へ