ホーム  >  不動産・住宅の舞台裏ブログ  >  売却について  >  【売却を依頼された不動産会社に起こる事】

【売却を依頼された不動産会社に起こる事】
カテゴリ:売却について  / 投稿日付:2021/10/08 14:56


以前から何度か書いている【物件の囲い込み】について。

当社もご売却を依頼される事が多いのですが、もちろん当社のお客様(買主様)で成約して頂けるよう活動を行いますが、レインズ(不動産会社だけが閲覧できる物件情報システム)にもキチンと登録して、他の不動産会社も含めて広く情報をOPENにし、良い条件で成約に至るように努めています。



レインズに登録すると他の不動産会社からの問合せが結構あります。いわゆる物件確認ってやつ。
物件確認だけって時もあれば、「広告関係は掲載しても大丈夫ですか?」っていう時もあり、当社はもちろん広告可。当たり前でしょ



でね気になるのは、そういった広告確認してくる中には、自分の会社が売却を依頼された時は情報を隠す(囲い込む)とこが結構多いんですよ(怒)。広告不可とか、そもそも他社には案内させないとかね・・・。

腹立つからといって、同じような対応なんてしません。そんな事したら当社も同じ部類になっちゃいますし、なにより売主様への背信行為になりますからね。



自分の会社は絶対に他社に広告(案内)させないのに、「ネット関係の広告は大丈夫でしょうか?」とか平気で聞いてくるんだもんなぁ。仕事じゃなくて、人としてのプライドないんかなと。

自分の会社は情報を隠しているから、他社の情報には頼らないんだ!みたいな気概を持ってくれよって本音では思います。



ご売却をお考えの方、本当に当たり前のようにある話ですので気を付けてください。安心できそうな大手さんもみんなやってるのが実情。それでも「売れたらいいやん」って感じるかもしれませんが、もし情報を隠された先に【もっといい条件で買ってもらえるお客さんがいてたら・・・・・】。ありえる話です。

ページの上部へ