ホーム  >  不動産・住宅の舞台裏ブログ  >  不動産の事  >  【おかしな修繕積立金】

【おかしな修繕積立金】
カテゴリ:不動産の事  / 投稿日付:2022/01/13 15:37


マンションの修繕積立金ってやはり考えれば考えるほどおかしな部分が多い。



一番シックリこないのは【新築分譲時の修繕積立金の設定】、めちゃくちゃ安いじゃないですか(汗)。安めに金額設定して、月々の支払い額を低くして、買いやすくしようっていうのはもう止めて欲しいんだけどなぁ。



契約時に「長期修繕計画」という書類も渡されますが、当たり前のように●●年後にはこれだけ積立金が足りなくなります。ですので●●●●円UPしましょうって書かれていますが、おかしくないですか。

じゃあ最初からやっとけよと

お客さん(世間)が「修繕積手金は将来値上げしていくものだ」という認識が浸透しているのを利用して、こんな分譲になっているだけです。


逆に、他のマンションが月々4,800円とかで売り出しているのに、「ウチのマンションは月々15,000円です」って売り出している方が100倍信用できますね。



新築マンションの事業主のグループ会社(子会社)が管理も委託されてやっているマンションも結構多いですが、ホントやりたい放題って感じになっています。大規模修繕工事の見積りを管理会社がとって、修繕積立金が足りないって・・・・・。自分とこの会社が設定したんやん(汗)。



せめて「こんな金額設定で分譲してすいません。でも●●●●万円足りなくなるんです。工事費用はできるだけチェックして無駄のないようにしますんで」くらいのスタンスで提案してきてほしいもんです。
まっ工事費用も息のかかった建設会社ですのでいくらもらってんのか知りませんけどね・・・。

ページの上部へ