ホーム  >  不動産・住宅の舞台裏ブログ  >  不動産の事  >  【新築戸建ての建物価格計算は?】

【新築戸建ての建物価格計算は?】
カテゴリ:不動産の事  / 投稿日付:2022/05/31 15:10


建売住宅や建築条件付き土地を検討する上で、たまにご質問を受けるのが【建物費用の計算ってどうするの?】って事です。建売なんかは土地・建物が一緒になって価格表示されていますので、確かに分かりずらい。



一般的な建物費用の話を書くと
・ハウスメーカー 坪単価80万円前後
・注文の建築会社、工務店 坪単価60万円前後(高気密・高断熱に限る)
じゃあ、建売や建築条件付きの場合は?



先に結論から書くと、私は建物坪単価@50万円のイメージで計算しています(厳密にいうと坪単価45万円位の計算でもいい建物だと思いますが、そこは幅をみて計算しています)。

よく物件を説明する不動産営業マンが「建物は坪60万円はしますから」って言いますけど、それは売主である不動産会社が勝手に言ってるだけで、ここでの話は価値を計算するときの坪単価。



例えば、建売で4,000万円で販売されているとして建物面積が延床30坪だとすると、建物価格(市場価値)=50万円×30坪=1,500万円(税込み1,650万円)。そうすると土地価格は4,000万円ー1,650万円=2,350万円となり、これが相場より高いのか安いのか?安いってのはほぼないので、相場に合っているのか?をチェックします。



建築費を坪60万円で説明する不動産業界の雑さを無くしていきたいと思っていまして、やはりそれぞれの建物性能・仕様に応じた説明をしていく事がこの業界の信用につながっていきますからね。

ページの上部へ