ホーム  >  不動産・住宅の舞台裏ブログ  >  不動産の事  >  【リノベーション検討の方 ~予算組みについて~】

【リノベーション検討の方 ~予算組みについて~】
カテゴリ:不動産の事  / 投稿日付:2020/11/11 10:39


リノベーション(リフォーム)をお考えの方へ


リノベーションやリフォームで自分好みの間取り・空間に仕上げる事がだいぶ浸透してきたかなと感じています。でも根本となる物件選びによって、着地点はかなり変わってきます。


理由① 物件の築年数

マンションにしても一戸建てでも、築年数をどれ位気にされるか?これでかなり予算組みが変わります。
たとえばマンションで考えてみましょうか。*根本として構造が大丈夫な物件が前提
(要望)予算3000万円、3LDK

平成10年前後建築(築20年~)のマンションなら、現在茨木市では2800~3200万円くらいはします。予算が3000万円前後となると、リノベーションはかなり厳しい。どちらかというと変えたい部分(設備関係・クロスなど)のリフォーム工事になってきます。
絶対にリノベーションをしたいという方は価格2200万円~2500万円の物件を狙う形になりますね。


もう1つの選択肢として、昭和50年代建築のマンションを買ったとすると?
茨木市の相場では1300万円~1600万円くらいかな。60㎡台の住戸が増えますので、部屋数や好みの空間作りができるかどうかの検討も必要になってきますが、予算組みとしてはかなり安く抑えられます。リノベーション工事費用込みで2000万円~2300万円という価格帯ですね。

お客様と話をしていて、必ずココで問題になってくるのが【共用部分や外観など】の見た目の部分。あとは耐震や建て替えの不安ですかね(コレについては個別でお話させて頂いたり、ブログでもまた書きます)。
外観やエントランスなどの見た目を気にされる方はかなりの確率でこの問題がネックになります。それは全然OKだと思いますよ、マイホームを購入する上で見た目というのもすごく重要な要素ですので「う~ん、無理・・・」って方はこの価格レンジの物件は外されていいと思います。


じゃあこの2つからの選択肢しかないのか?というと建築時期で選ぶ場合にはもう1つの価格レンジのマンションがあります。平成初期・昭和60年代建築のマンションですね。

茨木市の相場では1800万円~2000万円強。この時期のマンションはエントランスのオートロックがなかったりしますが、外観など古さを感じる事があまりないケースが出てきます。
リノベーション工事費込みで2500万円~2800万円くらいと買いやすい価格帯になりますね。
この年代築のマンションは多くないので、もう立地次第。個人的には好きな買い方になりますので、良い悪いは後にして、まずは見学してみる!って事をおススメ致します。



理由② リノベーションの程度

【設備や仕様は普通でいいけど、間取りを変更したい】
【変わった空間にしたり、無垢材を使用したり・・・間取り変えるだけじゃない】

リノベーションの程度によっても物件選びの幅が変わってきますね。70㎡台の3LDKと仮定したら
●間取り変更だけならリノベーション費用の目安は約500万円~600万円
●素材など空間作りにも拘りたい!ってなると予算は700万円~800万円前後
は見ておいた方がいいと思います。よく雑誌なんかで1,000万円とかそれ以上の事例を見ますが、あれはちょっと高いかな(汗)。見た感じそんなに高い設備や素材を使ってる感じはしないので、工事費や設計費で高くなっているんでしょう。

(当社では私が設計提案できますし、良い大工さんとタッグで提案していきますので価格も安めでご提出できます

リノベーションの程度によって、物件にさける予算が200万円くらい変わってきますので、事前にどこまで希望したいかを打合せしていきましょう。物件条件(立地・価格など)によっては、LDKと玄関だけはコダワルという形もアリになります。そのへんは臨機応変に対応していければいいかなと思いますね。


数字が並んでややこしい内容になったかもしれませんm(__)m。価格レンジではなく、100万円単位の差で考えていく必要もありますので、詳しくはご相談ください。

最後にコレは言わせてください。選び物件は色々と悩むかもしれませんが、リノベーションした後の完成した住まいにはワクワク感が必ずあります。そういった住まい作りもぜひ楽しんでくださいね。

ページトップへ