ホーム  >  不動産・住宅の舞台裏ブログ  >  住宅・建築(リフォーム・新築の事)  >  【リフォーム工事前の石綿調査】

【リフォーム工事前の石綿調査】
カテゴリ:住宅・建築(リフォーム・新築の事)  / 投稿日付:2022/05/27 15:23


2022年4月から【建築物等の解体・改修工事の石綿事前調査結果の報告】が始まっています(この制度はスタートしていますが、厳密には2023年10月から着工する工事に適用)。



石綿とは?アスベストとも呼ばれていますが、肺がんや中皮腫の原因となり、解体・リフォームなどの工事の際に工事従事者が石綿を吸い込んだり、飛散するおそれがあるもの



解体工事は今までもやっていましたが、リフォーム工事にも石綿調査が義務付けられます。全部って訳じゃなくて、請負金額が税込み100万円以上になるリフォーム工事が対象。クロス貼り替えくらいじゃそこまでしないですが、ちょっと水廻りも・・・となれば超えてくる金額ですのでほとんどのリフォーム工事に義務付けられるといってもいいでしょう。



工事着工前に、建築物石綿含有建材調査員または日本アスベスト調査診断協会の登録者が行う必要があります。

登録者になるには講習を受ければなれるって話を聞きましたが、どうなんだろう?時間ある時に詳しく調べてみます。



まぁ安全のためとはいえ、やる事が増えますねぇ(汗)

ページの上部へ