ホーム  >  不動産・住宅の舞台裏ブログ  >  住宅・建築(リフォーム・新築の事)  >  【マンション・リノベを検討する時の悩み】

【マンション・リノベを検討する時の悩み】
カテゴリ:住宅・建築(リフォーム・新築の事)  / 投稿日付:2021/06/14 10:28


マンションのリノベーションについて


リノベーションや間取り変更リフォームをしたいっていう時、【予算・広さ・築年数】がまずは問題になる事が多いかと思います。この3つは個別のものではなく、全て関係してきます。


まずは【広さ】。例えば、73㎡・3LDKの住戸を間取り変更したい!ってなっても、特にマンションの場合は遊びの空間(余裕)がないので、希望の間取りが取れない事が多いかと思います。2LDKに変更なら別ですけど、3LDKのままだと80㎡前後(せめて76㎡以上)は欲しい。


ここから【予算・築年数】の話になってきます。予算が4,000万円・5,000万円あればある程度は物件が選べるかと思いますが、予算が3,000万円前後の場合が難しいんではないでしょうか・・・。

茨木市の相場で考えると、駅徒歩10分~13分くらいの2,000年(平成12年)前後・70㎡台のマンションで2,800万円~3,000万円くらいはしてきます。こうなってくると間取り変更リフォームをすると合計3,500万円位はかかってしまうんですね。予算はある程度固定されますから、逆算すると2,000万円台前半や1,800万円くらいの物件が予算的に一番の狙い目となります。


1,000万円台となるとほとんどが昭和50年代のマンションになりますので、ここで外観や共用部分の雰囲気を気にされる方が増えてきます。もうね・・・これだけは好み(汗)、私の立場としては色々と説明はできますが最後はお客様自身で判断してもらうしかない。マンションの構造や将来的な話はお伝えできますが、そこではなく「イメージ」の部分ですね。


茨木市内で平成元年や昭和60年代のマンション(外観が昭和っぽくなくなってくる時期)がいくつかあり、たまに2,000万円前後~2,500万円迄で売りに出されるケースがあります。どうしても気になるって方はその時期に建築されたマンションも見学して比較される事をおススメします。


経験上、築年数を気にされていたお客様も、いざ踏ん切りつけて購入し好きにリノベーションとかすると、満足度が勝るケースの方が多いのですが、高い買い物ですし、その「いざ」が難しいのもよく分かります。

解決方法は【物件を見る】しかない。築年数が古くても雰囲気がいい、思ってたよりキレイというマンションもあるので、色々とご見学くださいね。当社では【お客様の要望や意図をキチンと理解して、最後までお付き合いさせて頂きます。決して物件購入を急いで進める様な行為はしませんのでご安心ください】。

リノベーションや間取り変更リフォームの場合は特に、意思疎通が重要になってきます。販売ではなく、相談相手に徹していますのでお気軽にお声をかけてください。

ページの上部へ