ホーム  >  不動産・住宅の舞台裏ブログ  >  茨木市の事  >  【阪急茨木市駅の開発事業】

【阪急茨木市駅の開発事業】
カテゴリ:茨木市の事  / 投稿日付:2020/11/25 11:07


だいぶ前から噂されている阪急茨木市駅の開発事業について、現在の状況です。

【阪急茨木市駅西口駅前周辺整備基本計画(案)】として茨木市が公開していますね。
2020年に入って、事業パートナーも選定されて進んでいってる感じ。



1.ちなみに最初に取り組まれるエリアはココ↓


駅の西側、永代ビル(ソシオ茨木)・バスターミナル~バイク置場(駐車場)の3角エリアですね。

永代ビルが建て替わるのはちょっと淋しい気もしますが・・・耐震問題や空き店舗も多いし、仕方ない事なのかもしれません。昔小さい頃に、2階に入っていた「阪急飯店」は行ったなぁ。中学生になったらゲーセンやCDが世に出て来てレコード屋、レンタル屋にも足を運びました。



2.案の段階ですが、ゾーニングはこんな感じ↓




永代ビルの位置にはやはり商業施設
バスターミナルの部分は、なんか広場を考えているのかな。
そしてバイク置場の位置には住居タワーマンションでしょうね。



3.予想パースはこんな感じ





この西口駅前は開発フェーズの第1段階なんで、これから東口。そして、JR茨木駅へとつながる大通りも今後の開発には予定されています。


経済状況などによっては、まだまだ不確定な部分がイッパイあるので決定事項ではありませんが、変化を楽しみにしながら今の昭和の雰囲気が残る茨木も覚えておきたいです。

ページの上部へ