ホーム  >  不動産・住宅の舞台裏ブログ  >  日々のこと  >  【2022年度始まりました、からの抱負】

【2022年度始まりました、からの抱負】
カテゴリ:日々のこと  / 投稿日付:2022/01/05 13:22

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。



不動産業界は今年は6日からスタートする会社がほとんど。明日からバリバリと動きます。
とはいいながら昨日から事務所には来て仕事は開始しております。



今日も朝イチで以前に取引いただいたお客様が来社。3月からの再度不動産取引の打合せと新年の挨拶でお越し頂きました。その後は3月引渡しのお客様との書類確認でご自宅に訪問。

そうしている間に、以前ご契約頂いたお客様から2組のお客様ご紹介と。めちゃくちゃ有難い!何回でもお伝えしたい、本当に有難うございます。
こうやって今年もお客様に支えながらも頑張っていきます。



アメブロの方でもチラっと書きましたが、今年は不動産業界も節目の年になるんじゃないかと感じています。経済とリンクする不動産市場というよりも、業界の仕事へのスタンスの話。(不動産市場の話でしたら、今年のスタートを見るとしばらくは上げムードが続く雰囲気ですね)。



物件を調査して、書類のモレをなくして、滞りなく取引を完了させる。コレ当たり前ですよね。ものすごく大事な事ではあるのですが、言ってしまえば当たり前の事(汗)。電車が時刻通りに来て、安全に目的地運んでくれるみたいな事じゃないかと・・・他の業界の人から見れば「そこ強調するなよっ」って業務です。



今までの不動産業界はこんな事さえ出来ずに数十年来たから、お客さんが不信になってしまう訳です。自業自得。大手の不動産会社を選んでしまうお客さんの気持ちも分かります(業界内にいてると、大手さんも最低限って感じですけどね)。



こういう事ではなくて、今年はもっとアナログ的といいますか、【人間が本来するべき仕事】って部分でこの不動産仲介業務を意識していこうと考えています。

今年届きました年賀状にもリノベーションされたお客様が「満足度が高い家に住むってほんとに大事ですね」って書かれていたり、他にも「昨年、橋本さんのおかげで人生が変わりました!」って書いて頂いたお客様もいて、物件だけを仲介するのではなくて、購入も売却もどちらも生活を作る役割をまかされているんだという意識を業務にあてはめて実施していきます。



査定して、物件チェックして、広告・販売してって、これからはAIでもやっていける作業になるでしょう。それ以外の本当に必要とされる人間的な部分を磨いていきます。

ページの上部へ