ホーム  >  不動産・住宅の舞台裏ブログ  >  不動産の事(営業・接客など)  >  最初に住宅業界にいてて良かった事は

最初に住宅業界にいてて良かった事は
カテゴリ:不動産の事(営業・接客など)  / 投稿日付:2018/11/02 18:52


住宅の仕事を長くやってて


また間取り設計もできて


ホンマによかった事は


●土地を紹介する時


●リノベーション前提の


一戸建てやマンションを紹介する時に



【完成がある程度見える事】



これが一番役立ってます。



この物件やったら


お客さんの要望に合うっていうのが


具体的にイメージできないと


紹介もできないですからね。



そういった点では


グイグイと営業する人が多い


この不動産業界。


もし会社員だったら


私はダメな営業マンかな(汗)


でも無理な営業をしたくないから


数多くのお客さんと出会う事。


多くのご紹介を頂く事。


こちらに集中しています。




他にも住宅知識があって良かった事



物件の新着情報などが


毎日入っては来ますけど


なんでもかんでも


良い物件な訳はないんです。


(皆さんもよくご存知かと)



特に不動産会社が売主の


新築一戸建てとか


建築条件付き土地なんかは


一見良さげに見えそうですが


売り出し価格を厳密に見たり


建物の仕様や間取りを


チェックしたりすると


そうでもなかったりします。



その辺も含めて、お客さんに


専門的にアドバイス


または
考察を伝えていく事が


私のスタイルかと考えてますね。



それには相場や事例だけでは


語る事ができないですよ。


住宅の専門知識が必須。


住宅業界にいてて良かったぁ。

ページトップへ