ホーム  >  不動産・住宅の舞台裏ブログ  >  不動産の事(営業・接客など)  >  ストーリーがあれば間違わない

ストーリーがあれば間違わない
カテゴリ:不動産の事(営業・接客など)  / 投稿日付:2018/05/02 00:00


不動産の営業で




なんでもかんでも『いいですよ』



っていうのは違う(汗)



営業として契約したい気持ちは



十分に理解できますが



お客さんにとって



いいか、よくないかは



客観的に正直に言うべきだと思う。





私も、最初は『ちょっと違うなぁ』



感じてた物件でも



お客さんと話しする内に



『ココ、ぴったりやん』って



思う事もあります。逆も然り。




だから不動産を探すのは



難しくもあり、楽しい。





その物件の注意事項を説明して



認識してもらった上で



『でもお客さんにはいいと思います』



こう言えるのが



本来の仲介ですよね。





こうなると



お客さんとの打合せや雑談が



ものすごく大事。



私がよく言う言葉で



『不動産仲介にストーリーが必要』



っていうのは



経緯がスッキリと腑に落ちる



仲介がしたいからですね。

ページトップへ