ホーム  >  不動産・住宅の舞台裏ブログ  >  不動産の事  >  建築条件付き土地の検討前に

建築条件付き土地の検討前に
カテゴリ:不動産の事  / 投稿日付:2018/11/11 10:44


売り出されてる土地、またこれから売りに出る土地


を確認してると建築条件付き土地が


まだまだ多くなってる状況ですね。中には


「不動産会社が買い取らんでも、絶対すぐ売れるやん」


っていう土地もあります。




なんでこうなるのか?かなり突っ込んだ話になるので


正直書きにくいところなんですが


売主さんから売却を依頼された不動産会社が


一般のエンドユーザーには情報を出さず


買い取る不動産会社に持ち込むわけです。


で買い取ってもらって、解体とかして


キレイな更地状態にして


再度売り出すという形態。


簡単に書くと2回売るので、そっちの方が


仲介手数料が2倍以上になるから。


(大手の不動産会社に多いです)




まぁ100%否定するつもりはないですが


でも購入検討者の方に知ってもらいたい事。


・他に検討する物件が少ない

・なんか建物セットになってて楽そう

・価格も高いけど、めちゃくちゃ高くないかな


こんな理由で決めるのはもったいない!


そういう事なんです。




仮に数字で書いてみますね。


*かなりラフな数字。現実はもっと幅がある。

*相場90万円の場所・土地面積30坪・古家付き。


元々住んでいた売主さんの希望価格は


相場の価格として2,700万円ですね。


それを不動産会社が買う交渉をします。


坪85万円の2,550万円


ここでなんだかんだで85万円で売ろかとなる。


それからその不動産会社が解体して


更地で坪単価95万円・2,850万円で売り出します。


建物の建築条件をつけて。


建物は坪当たり60万円。


延床面積30坪だと建物価格1,800万円


(その他別途費用とかは省きますね)




ここで、もう1回整理しますね。


●不動産会社による建築条件付き土地

土地価格 2,850万円

建物価格 1,800万円

合計金額 4,650万円


●当初の売出しで購入したら


土地価格 2,700万円

解体費用 100万円

建物価格 1,500万円(一般的な価格です)

合計金額 4,300万円


その差は350万円にもなります。


ホントはもっと差が出ると思いますよ。





実際に売れにくいエリアとかならまだしも


需要のあるエリアですからね。


買い取った不動産会社や


仲介した不動産会社(特に大手さん)が


もうかってるだけで


購入者は本来予算的に買えてたはずが


買えない価格帯になってしまったり


余計に払わなくちゃいけなくなったりします。


こういった内容をご理解頂いた上で


その物件が買ってもいいのかどうかを


検討してもたいたいです。





もっと言えば、売主さんも損してる


こういう事ばっかりしてるとアカンよね。


私ら不動産仲介の仕事って


買主さんには予算を考えてベストの物件を


売主さんにはよりベストな価格で売却を


これを基本にしとかないと。




最後売主さんにお伝えすることは


依頼している不動産会社が


業者からの購入申し込みを持ってきたら


一度冷静に考えたり


他の不動産会社にも相談したり


した方がいいかと思いますよ


シンドい作業だと思いますが価値あります。

ページトップへ