ホーム  >  不動産・住宅の舞台裏ブログ  >  不動産の事  >  不動産仲介で意識していること

不動産仲介で意識していること
カテゴリ:不動産の事  / 投稿日付:2018/05/12 00:00


タイトルにある様に



私が不動産仲介をするにあたって


意識している事。


【余韻がずっと残る取引をする】



抽象的な書き方ですが(汗)


引渡しが終わってからも


『ここの物件を買って、良かったわ~』って


感じてもらえる様にする事です。



それは単純にエリアかもしれないし


間取りかもしれない。


また、リノベーションやリフォーム


もしくは新築一戸建てのプラン打合せの過程


かもしれません。



ただ 引渡しをして、何年かたったその時でも


『今、物件探しても ココを選んでるよな』


っていう仲介を続けていきたいんですよ。



それにはお客さんといっぱい話した方がいいし


気になられた物件の価格が


相場的に適正かもキチンとお伝えしないといけない。


お客さんに損をさせては 絶対にダメ。


購入のお手伝いをする時も


逆に 売却を依頼された時も一緒です。


売主さんに損をさせてはダメ。



契約件数や仲介手数料が一番の基準になっている


この不動産業界・・・


自分の所有する物件やったら


好きにやっていいけど


人様の物件を預かってる仕事ですからね。


毎日の意識付けが大事やと思ってます。

ページトップへ