ホーム  >  不動産・住宅の舞台裏ブログ  >  不動産の事  >  熱くなりましたね・・・

熱くなりましたね・・・
カテゴリ:不動産の事  / 投稿日付:2018/05/04 00:00


物件を探してられる方の




情報源は、今はネットが主流。




立場を変えて言いますと




不動産会社はネットで



情報を発信してます。





で今までの不動産業界というのは




ただ情報を発信していただけ。




物件の詳細情報や




あとはアピールポイント。



それ位だと思う。




『南向き!』とか『眺望良好!』




『リフォーム済み!』みたいな感じですね。





これだけじゃ、もうアカンと思う。




なんで今までコレで通用してきたかというと




そもそも物件の力で売れる事が多かったから。




私はそう感じるんです。




営業マンの力はそんなに




大きくなかったって思います。





ここらへんですよね、変えていかなアカンのは。




ありきたりな事を言いますが




物件を紹介してるだけじゃなくて




安全な取引を行うだけじゃなくて




そんな事は当たり前。




仲介手数料っていうのは




総合的なコンサルタントをさせて頂く上での




コンサル料みたいな感覚にならないと




いつまでたっても




不動産会社は信用されない。





新築一戸建ての物件を




『ココいいでしょ!決めないとなくなっちゃいますよ。』




みたいな営業をされて、契約になる。




こんなのは仲介手数料を引いてもらっていいんちゃうかな。




(ストレートな言い方になってしまった・・・汗)





建築条件付き土地を検討して




『自由設計ですから、お好きな間取りが可能ですよ。




打合せをしていきますから、まずは決めて下さい。』




こんな営業して、たいして打合せもせずに




提案をしてくる事もほとんどない・・・。




仲介手数料をキッチリ払うべきかなぁ?




営業マンは、建物の受注も義務付けるんやから




それなりの覚悟で打合せをしなアカンと思う。





仲介手数料は、物件に対して払うだけじゃなくて




コンサルティングとしての要素が




もっと入ってもいいんじゃないかと感じてます。




いや~ ちょっと熱くなってしまいました。。。

ページトップへ