ホーム  >  不動産・住宅の舞台裏ブログ  >  不動産の事  >  リフォーム済の物件を心理で考える

リフォーム済の物件を心理で考える
カテゴリ:不動産の事  / 投稿日付:2018/06/09 00:00


今日はリフォーム物件における

 

 

各当事者の心理比較でも。

 

 

 

リフォーム済み物件や新築一戸建ての方が

 

 

よく売れると言われます。

 

 

金額は別にしてそりゃそーだと思います。

 

 

見た目がイイですもん。

 

 

 

ココがまずポイント。

 

 

買主さん:見た目がいい。判断しやすい。

 

 

売主さん(不動産会社):利益が出やすい

 

 

仲介する不動産会社:説明がそれほど必要ない。

 

 

ぶっちゃけ言いますと3者とも楽に判断しやすい。

 

 

 

コレがリフォームしていない古い物件だったら?

 

 

買主さん:見た目が悪い。リフォームしたらどうなる?

 

     そもそもリフォームしても大丈夫なん?

 

 

仲介する不動産会社:説明が難しくなる。

 

          リフォームの打合せが必要になる。

 

 

*売主さんについては一般の方になるので省きます。

 

 

 

これは物件探しというより、もう心理的な問題ですね。

 

 

でも現実的には、古い物件を安く買って

 

 

自分好みにリフォームした方が


総額も安くなる可能性がある。

 

 

ここを買主さんが追求するかどうかが


分かれ目になります。

 

 

 

仲介する不動産会社としたら

 

 

1つ1つの物件に対して『お客さんの希望のリフォーム可能か』

 

 

さらに『そのリフォームならどれ位の価格になるか?』を

 

 

瞬時に判断して、お客さんに


説明&提案しないといけません。

 

 

 

設計に携わってきた人間とすれば


マンションでも一戸建てでも

 

 

どのように物件が変身するかは分かります。

 

 

 

*ここからは、私の自慢も含む・・・

 

 

普通の不動産担当はハッキリ言って、コレが出来ませんね。

 

 

リフォームならまだしも


リノベーション(間取り変更)なら

 

 

ほぼ無理じゃないかな。

 

 

設計が出来ないと、まともな提案が難しい。

 

 

『専門の会社に聞いてみましょう』とか

 

 

『当社のリフォーム部門に提案してもらいます』


という
流れになると思います。

 

 

 

コレはかなりの手間。

 

 

私やったら、ちょっと面倒くさいかな(汗)

 

 

そもそも頼むかどうかも分からんのに


断りにくくなる・・・。

 

 

 

このような心理的な事が積み重なって

 

 

リフォーム済みの物件が多くなるんだと思います。

 

 

*不動産会社としては一番利益がでるからですが・・・

 

 

 

リフォーム済み物件の方が好きな買主さんも

 

 

いらっしゃるので、否定ではありませんよ・・・。

 

 

ただ住まい探しには選択肢があること

 

 

不動産担当によって


選択肢が広がったり・狭まったりする事を

 

 

知っていただけたらと思ってます。

ページトップへ