ホーム  >  不動産・住宅の舞台裏ブログ  >  売却について  >  とあるマンションの売却実例

とあるマンションの売却実例
カテゴリ:売却について  / 投稿日付:2018/08/06 00:00


何年か前の実例です。

 

 

同じ様な事を聞いたので

 

 

思い出して書いてみます。

 

 

 

とあるマンションの売却相談。

 

 

売主さんに話を聞くと

 

 

住宅ローンの支払いがしんどいので


はやめに売りたいと。

 


確かに返済額が多過ぎます。

 

 

弊社にご相談頂く前に


数社にも声をかけていて

 

 

その内の1社(大手の会社)には

 

 

しばらくの間ですが


実際に売却を依頼もされてました。

 

 

(腹の立つ対応が多く、断ったみたいですが)

 

 

 

で ここからなんですが

 

 

その会社は、マンションを売って

 

 

もうちょっと安い別のマンション


を買う話も
同時に進めていたみたい。

 

 

確かに売主さんも、そっちでもOK

 

 

みたいな話はされてましたが

 

 

コレ どー思います?

 

 

アカンと思うなぁ~

 

 

 

支払いがしんどい人に


いくら毎月の返済が少なる
とはいえ


再び住宅ローン組んでもらうのは・・・。

 

 

自己資金はなしです。

 

 

諸費用も全額ローン組んで


仲介するつもりだったみたい。

 

 

しっかり売却と購入の


両方の仲介手数料は貰って。


しかし購入を勧めてる物件は


自分の会社の取り扱い物件(笑)

 

 

 

地域密着を言ってるんなら

 

 

まずはしっかりと


プラスになる様に売却をして

 

 

次の生活はもっと楽な状態から


スタートする様に

 

 

話を持っていかないとアカンと思う。

 

 

 

って事で 時間をかけて話をし

 

 

まずは人間関係で信頼して頂ける様にして

 

 

それから ご要望をある程度はクリアした

 

 

無理のない家賃の賃貸物件を探して

 

 

ローンの残っている

 

 

あまり使用されていない車も売られました。

 

 

賃貸に住み替えても駐車場代がいらないという事で。

 

 

 

結果 だいぶ負担は軽くなったかと思います。

 

 

マンションの売却も無事終わりまして

 

 

賃貸への引越ししてから、数ヵ月後

 

 

お会いした時はだいぶ明るい顔をされてた感じで

 

 

なんか ホっとしました。

 

 

 

また数年後に無理のない範囲で


マンションを購入されるのか

 

 

現在の賃貸で落ち着かれるのか分かりませんが

 

 

もしやっぱり購入したいとなったその時は

 

 

全力で探したいと思っています。

 

 

 

多くの不動産会社は目先の仲介手数料が

 

 

判断基準なんやな~って感じますよね。

ページトップへ