ホーム  >  物件価格以外にどんなお金が必要?!

 

 

 

住宅を購入する時、物件価格以外にも必要なお金があります。

 

【諸費用】・【引っ越し費用】・【インテリア,家具】が代表的な項目。

 

では、これらにいくら位必要なのか?

 

順番に各項目の内容をご説明いたします。

 

【 諸費用 】

 

・契約印紙代 ・・・ 契約書に貼る印紙

・登記費用 ・・・ 不動産登記にかかる費用(司法書士に支払う)

・仲介手数料 ・・・ 物件価格×3%+6万円 とその消費税(不動産会社に支払う)

・税金等精算金 ・・・ 引渡し時点での日割り計算(売主様に支払う)

・住宅ローン諸費用 ・・・ 手数料、印紙代、保証料(銀行に支払う)

・火災保険料 ・・・ 住宅ローンを組む場合は必須(保険会社に支払う)

 

上記の内容が諸費用としてかかってくる項目。

 

では、物件価格が3、000万円として計算してみます。(借入額も3、000万円)

 

・契約印紙代 ・・・ ¥10、000-

・登記費用 ・・・ ¥300、000-

・仲介手数料 ・・・ ¥1、036、800-

・税金等精算金 ・・・ ¥100、000-

・住宅ローン諸費用 ・・・ ¥650、000-

・火災保険料 ・・・ ¥200、000-

 

合計で ¥2、296、800-となります。 *一戸建て・マンションにより多少違いは出ます。

 

 

いかがでしょう。大体ですが、200万円前後は必要なのかという事で覚えてください。

 

もちろん、この費用を下げる事は可能。

 

代表的なのが 『住宅ローン諸費用』。 銀行に支払うお金ですね。

 

この中の【保証料】ってのが一番高い。65万円の内、60万円ちょいを占めています。

 

この費用を現金で払わずに、月々支払う住宅ローンに含めてしまう方法があるんです。

 

内枠方式といって、金利が0.2%上乗せになります。

 

『最初に払う自己資金が少なくて・・・』って方は検討してみる価値ありですね。

 

 注)月々の支払い額は少し増えますので、このあたりのトータルバランスは

 

    よく営業担当と打合せして、決定してくださいね。

 

【引っ越し費用・インテリア費用】

 

これに必要なお金はお客様によってバラバラ。

 

住み替える際に 家具や電化製品を買い替えたいとなれば、そこそこの出費になります。

 

でも 家を買うタイミングに『色々と買いたい』っていう欲求も分かります(笑)。

 

おおよそですが、100万円ほど予算組みしておけば良いかと思います。

 

 

いかがでしょうか。物件価格以外に、全部で300万円くらいのお金が必要になる計算です。

 

もちろん物件価格が下がれば、このお金はもっと安くなっていきます。

 

上記の金額は あくまで目安として参考にしてください。

 

 注)不動産会社によっては、この諸費用に自社の利益や取り分を乗せて

 

      お客様に請求する所もあります。具体的に言うと 登記費用などの分かりにくい項目に

 

      上乗せしてきます。気をつけましょう。

 

      あと 住宅ローンの事務手数料をお客様に請求する会社もある。(結構多い・・・)

 

      どうなんでしょ?個人的な意見としては、そういう事務作業も含めて

 

      仲介手数料に含まれているべきだと考えるのですが、このあたりは各会社の意識の問題。

 

 

<茨木市の不動産の事はアイ・ウィズ不動産へ>

 

 

  • 176件
  • 177件

2018年7月21日更新


 

茨木市 不動産のブログ

 



 

街の紹介 


  FACEBOOK

アイ・ウィズ不動産(FACEBOOK)


 税金について

住まいの税金(不動産取引)


茨木市のホームページはこちら
茨木市ホームページ(学校区)


ページトップへ