ホーム  >  【マンション・リノベーション】2020.12


【茨木市のマンション・リノベーション事例】

学校区限定でマンションを探していて、別の物件で検討していた所に、希望に近いこの物件が出てきてすぐにご見学。ご予算的にも当初検討していた物件よりかなり余裕ができ、ご希望のフル・リノベーションが可能になりました。

・専有面積 81.43㎡
・1986年(昭和61年)建築

<リノベーション内容>
元々はオーソドックスな4LDKの住戸でしたが、スケルトン状態に解体し、大胆な間取りにリノベーション。部屋数としては3LDK+書斎+ファーミリークロゼットに区切られますが、1LDKとして空間は繋がっています。


●ダイニング部分・・・高さ1.9mの壁でダイニング部と(壁の裏の)書斎+クロゼットを分けています。アクセントクロスが貼られたこの壁にダイニングテーブルを当てて設置予定。照明はダクトレールのペンダント照明。



●書斎(パソコン)コーナー・・・L型のカウンターを設置。子供さんの勉強コーナーでも、読書空間にでも、なんでも使ってもらえそうなコーナーにしています。


●キッチン部を見る・・・キッチンはシンプルな対面キッチン。吊戸棚も無しにして開放的になっていますね。


●キッチンからリビングダイニング部を望む・・・元々はリビングと和室に分かれていた空間をひとまとめに。南向きの掃き出し窓が並ぶと明るいですね。フローリングは無垢ですよ。


●今回の見所の1つ【本の空間】・・・全体の冊数が分からないくらいの本をお持ちの奥様。間取りの打合せをしている内にそれが発覚。急きょ、本を格納できる空間作りに変更しました。
せっかくの趣味の空間ですから、雰囲気も変えた方が良いかなぁって事で床を30cm上げてます。つながっているんだけど、仕切られている感じが出てますね。
手前は幅80cmの可動棚。奥に見えているのも本棚。幅は2.5mくらいありますね(大工さんの手作り)。


●右手に見えているのも本棚。写真では見えてないのですが、L型に棚が回っていてかなりの収納量をほこっています。私的には本を並べながらも、途中に小物や写真なども置いてインテリア風にまとめてもらってもいいかなと思って設計しました。




●本スペースの奥は、洋室。この部屋もつながっていますね。
将来的に壁を建てて、個室として仕切ってもらってもOKです。
チラっと写っているのは室内窓。全部で4ヵ所使用しています、アクセントにもなってて良い!



●玄関収納・・・大きさや色合いが既製品ではなかったので、コチラも大工さんの手作り。塗装は奥様に現地に来ていただいて、合せております。


●洗面台も手作り。シンクはネットで発注、水栓も壁付きでこだわりが見えますね。


●洗面台上のちょっとした収納棚


これ以外にも、各部屋・壁にはポイントクロスが色んな種類使用されており、奥様の選択されていった努力が非常に感じられます。
設計的な話を書けば、浴室も大きなサイズに変更されて、洗面所も元々少し狭かったので広げました。玄関も幅50cmは広げたかな。結果的にゆったりとしましたし、空間も繋がっているのでフレキシブルに使っていけると思いますね。

  • 183件
  • 191件

2021年1月22日更新


 

茨木市 不動産のブログ

 




 

街の紹介 


茨木市の不動産・住宅【コアなブログ(お役立ち)】


 税金について

住まいの税金(不動産取引)


茨木市のホームページはこちら
茨木市ホームページ(学校区)


ページトップへ