ホーム  >  i・withブログの『売却について』から一部を

 
ほぼ毎日更新しております『i・withブログ』。
 
その中で、売却について日々考えている事も書いてます。
 
下の文章は、そのホンの一部。
 
お時間ある方は、ブログ内のテーマ『売却について』をご覧下さい。
 
 
【どんどん増えていってほしい・・・・・】
 

売却をお預かりしてきて

ホント実感する事は

『なんだかんだで買われるのは、近所のお客さん』。

よく半径500mの人が買う確率80%

とも言われますが、それは当たっている。

よく考えれば、当たり前の事なんですが(汗)

あとは いつタイミングが来るかって問題。

コレだから、不動産は地場産業って言われるのだと思います。

エリアを決めて その中でコツコツと情報発信&情報収集をする。

フォローするお客さんがどんどん増えてくる。

んでもって 毎日、エリアの物件を見ているので

流れやタイミングもよく知っている。

コレが理想の循環ですよね。

当社でも ホームページの会員登録が順調には増えてまして

今年に入ってからは 新規の会員登録が22件。

どーやって、お客さんの役に立つ情報を発信していくかです。

難しい部分ではあるのですが

良いと思った事をやっていって、積み重ねるだけかな~。

さっ 頑張ろう。

 


【第一声・・・そうきたか】

 

テーマ:

よく聞く大手の会社って訳じゃありませんが

みなさんも 『あ~知ってる』 っていう不動産会社が

売主さんから売却を依頼されている物件に

弊社のお客さんで購入申込をしました。

すると 相手の営業担当の第一声が

『クソー!』

・・・・・

まぁ 営業として、気持ちは分からんでもないが

それは心の中だけに、しとってくれ(笑)。

1ヶ月近くも その物件情報をオープンにせず

ずっと止めておいて、んでもって結局売る事が出来ずに

他社で購入を決められたからって

その言葉は あまりにも違うと思う。

せめて 『わかりました。有難うございます。』 って

言えるようにならんと。 それも店長って立場みたいやし。

購入が決まってくれた事。

売主さんへの責任を果たした事。

その気持ちを持たないとあきません。

売却をお考えの方・売却をされている方。

大手の会社の考え方って、こんな感じですよ。

売却を預かって、まず第一優先する事は

【自社で買主さんを見つける事】

イコール 売主さん・買主さんの両方から

仲介手数料をもらう事です。

・それには いくらで売れても構わない。

・いくら時間がかかっても、他社には情報を出さない。

そろそろ 地場のしっかりとした意識をもった

小さな不動産会社が一番信用できる っていう

時代が来てもいいんだけどなぁ(汗)

ご相談お待ちしてまーす。

 


【2月に入って・・・う~ん】

 

2月に入ってから

また【物件の止め】がひどくなってきた気がする。

『商談中』(ウソ) とか言って

情報を独り占めする行為の事です。

その割には 当社で売却をお預かりしてる物件には

『まだ物件ありますか?』 って平気で電話してくる(汗)。

あんまり批判的な事ばかり書く人間は

好きではないけれど

ちょっと書かずにはいられないレベルになってきた。

特に大手の不動産会社(一部・・いや半分以上か)

が多いんですよね。

これだけ不動産情報がネットで出てても

【売る】行為となれば まだまだ情報が足りない。

この【止め行為】については 今までもブログで

書いてきたので ここでは深く書きませんが

不動産をやっている人間が 自宅を売却するなら

さて どーするか? これが一番分かりやすい。

★一般媒介契約で不動産会社に売却を依頼する。

依頼するのは 一社でも複数社でもOKですが

専任や専属では依頼しない。

で ★レインズ(不動産会社間の情報共有システム)に

登録を依頼する。

あとは 依頼してから1~2週間位で

★色々な不動産会社のホームページを見てみる。

自宅が、他の不動産会社のホームページに載っていないとか

★【会員情報】になってたりすれば

勝手に 『広告不可』とか『ネット不可』になっている

可能性が大です。

そんな時は 一般媒介契約を解約すればOKです。

ね!そんなに難しい事ではないでしょ?

『自宅を売却してくれるんなら、別にえ~やん』

って言葉が聞こえてきそうですが

そこは 大きくは否定しません。

ただ ただですよ

情報を広くオープンにしていたら

もう少しでも良い条件で売却できていたかもしれない・・・

いかがでしょう。

たぶん 地場の不動産会社に不安があるのだと思う。

えげつない会社も確かに存在しますから(汗)

本当なのかどうか、疑問に感じてられる方は

遠慮なくご相談ください。

不動産売却のシステムとその現状を

詳しくご説明させていただきます。

その上で どこに依頼するか ご判断ください。

 


【不動産売却のアドバイス】

 

つい先程、不動産売却についての

ブログをUPしたばかりですが

またタチの悪い【おとりチラシ】があったので

再度、ブログ更新。

『当マンション限定で、予算●●●●万円、お客様が2組・・・』

とか書かれている売り求むチラシがよくありますが

ほぼウソの内容です。

予算●●●●万円って、相場より概ね数百万円高い金額。

そんな購入者の方は、まぁ いません(汗)

完全に 売却を預かる事が目的の おとり広告です。

お客様が●組いらっしゃいますってのは

ウソじゃないかも知れませんが (たぶんウソですが・・・)

希望の住戸は、専有面積も部屋数もバラバラですからね。

ちょっと売主さんに失礼じゃないかと思います。

もし本当なら もっと具体的に希望条件を書くべき。

って事で 色々な事を書きましたが

この様なテイストのチラシを撒いている会社には

売却の依頼をしない方が無難です。

ご検討の方、気をつけましょう。

 


【ご売却について思うこと】

 

ご売却をお預かりしたり

毎日の新規物件をチェックしてて

感じる事があるのですが

売却する時に一番気にしないといけないのは

【周辺で売り出されている物件】

コレは間違いないと思います。

この点を気にされている売主様は

比較的早く成約に至ってると思います。

買主様だけを見ていると方向がおかしくなっちゃいます。

あくまで 競い合うのは、周辺の同じく売りに出されている物件。

ましてや 『高くても欲しいっていうお客様がいます。』みたいな

あま~い言葉で、売却を預かろうとする不動産会社には要注意。

ただ単に、売却を依頼されたいだけで

周辺の売出し物件や過去の成約事例なんか関係ない。。。

結局は価格をどんどんと下げていき

時間がかかった分、相場より下げて売るってケースになる

可能性が大です。

売りに出した初期に、いいお客様が来られる事が多いんですね。

なので ポイントは2つ。

①なるべく早いタイミングで

②いくらか幅がある【価格相場帯】の中で高めの価格

これが出来れば、ほぼ成功だと思います。

ぜひご相談くださーい。

 


【ご売却、おまかせください♪】

 

本日は お預かりしていましたマンションの

ご契約が無事に終了しました♪

買主様、誠に有難うございます。

で お客様宅からの帰り

阪急茨木市駅の方まで

歩いたのですが

冷たい風が吹く 土曜の夕方過ぎ。

駅周辺は 車が多く渋滞気味。

結構 あちこちでクラクションの音が響きます・・・

短気な人が多いなぁ ( ̄_ ̄ i)

なんで あんなにクラクション鳴らすんやろ?

騒々しさが ちょっと嫌になり

かなり足早に歩きました。

のんびりとした温和な茨木市であってほしい(願い)

んでもって 話がガラッと変わり 去年から 

お預かりした不動産は 順調にご売却できている♪

もちろん売主様・買主様に恵まれているからですが

それほど時間もかからずに

成約になっているのは かなりウレシイ (≡^∇^≡)

現在 売却を依頼されている他の物件も

気を引き締めて 頑張るぞ!

来週早々には 大阪市都島区の投資用マンションも

依頼されますので

ご興味ある方は 来週以降にチェックして下さいね~。

 


【売却物件について】

 

ご売却をお預かりしたマンションが

無事お申し込み頂き、週末にはご契約の

段取りになりました。

お預かりして 2週間だったので 非常にタイミングがよかった(≡^∇^≡)

買主様そして売主様に 大・大・大感謝です。

高額な価格帯のマンションだったので

もう少し時間がかかるかと思いましたが

本当によかった~。

で これからは本格的な不動産シーズンの到来!

今ご売却のご相談を受けている方が3組いらっしゃいますが

そろそろいい時期になってきたかと思います (^-^)/

ご家庭の事情もあるので 勝手な事は言えませんが(汗)

弊社では 他社ではマネ出来ないようなご売却の仕組みを

只今実践しております。

地域密着で多数の購入希望者様にお声をかけて頂いてますので

ご売却をお考えの方、ぜひご相談ください!

あせらず じっくりご説明させて頂きます~。

  • 174件
  • 180件

2018年8月13日更新


 

茨木市 不動産のブログ

 



 

街の紹介 


  FACEBOOK

アイ・ウィズ不動産(FACEBOOK)


 税金について

住まいの税金(不動産取引)


茨木市のホームページはこちら
茨木市ホームページ(学校区)


ページトップへ