ホーム  >  『一般媒介契約のすすめ』

【不動産の売却】について

 

弊社自身、ご売却の依頼があれば


大変有難い事で、またやり甲斐もある事ですので


今までは売主様と専任の媒介契約を結んでいました。


専任でご売却を任せて頂けるうれしさと勢いとで。



あっ、その前に『専任媒介契約って何?』って話ですよね。


まず不動産会社に売却を依頼する場合3つの方法があります。


<一般媒介>

複数の不動産業者に売却依頼できます。


<専任媒介>

1社しか売却依頼できません。ただし売主が直接買主を見つけた場合

不動産業者を介さずに当事者だけで契約することも可能です。

 

<専属専任媒介>

専任媒介よりも制約が厳しく、直接買主を見つけても

不動産業者を介してしか売却できません。

 

いかがですか?ややこしいですか。


私は 専任 と 専属専任 がおかしいと思うわけです。


自分が所有しているものを1社にしか頼めないのですよ。


その会社にすべてを委ねないといけない。

 

 

やっぱりおかしいですよね。。。



実はこの専任専属専任の売却依頼方法が現在の不動産業界の不透明さの1つです。

 

その依頼を受けた不動産会社が情報を独占するわけです。


なぜなら・・・


自分たちで買主様を見つけたら、売主様&買主様の両方から仲介手数料がもらえるから。

 

 

我々、不動産業者はお客様から売却物件をお預かりしたら

 

『REINZ』(レインズ)と言われる不動産流通データに登録します。

 

これは、不動産屋のみが見る事ができるデータで、ここに登録する事により

 

全業者が情報を確認し、広く買主様を見つけようという仕組みになっています。

 

より広く情報が発信され、よりいい条件で売却できる様にという事で売主様の為でもあるのです。

 

でも、売主様・買主様双方から手数料を頂くために、他の業者が物件の確認をしても

 

『商談中です』とか言って、物件を止めたり


売主様はなんにも言ってないのに、【広告不可】とか勝手に決めている事が多いんですね。



一体だれが得をするんだろう。(その不動産会社だけです。)



って事を考えると、一般媒介契約を結ばれるのが売主様にとって一番いいやり方だと思います。


複数の会社の話を聞き、そして売却を依頼する事。

 

これがお客様の大切な資産をより安全に公平に売却する方法です。

 


ちなみに売却の依頼をするのは一社でもいいんですよ。


ただ契約は【一般媒介契約】がいいと。気に入らなかったらいつでも他社にも並行して依頼できますからね。


専任で任せて下さいっ!みたいな会社は頼まない方がいいかも。



私自身も【一般媒介契約】を売主様にすすめていきます。


売却させて頂く活動は一緒ですから頑張ります!

  • 162件
  • 173件

2018年5月23日更新


 

茨木市 不動産のブログ

 



 

街の紹介 


  FACEBOOK

アイ・ウィズ不動産(FACEBOOK)


 税金について

住まいの税金(不動産取引)


茨木市のホームページはこちら
茨木市ホームページ(学校区)


ページトップへ