ホーム  >  不動産・住宅の舞台裏ブログ  >  2018年06月

「2018年06月」の記事一覧(14件)

ホームページだけで伝えるのは・・・
カテゴリ:ホームページ奮闘中  / 投稿日付:2018/06/02 00:00


今年に入ってからのご契約を


振り返ってみて


土地なら、住宅の設計も


一戸建てならリノベーション


マンションでもリノベーション


と建築が絡む仲介が


非常に多いんですよ。



でも ホームページの情報は


物件の紹介ばかり・・・


何とも言えない感じっす。


なんか方法はないんかなぁ〜


もっとワクワクする


ホームページでの発信の仕方は。



会って話をしたお客さんや


ブログ読んで頂いてる方は


不動産仲介だけじゃないって


体感して頂けると思うのですが


ホームページだけで


より伝える為にはどうするか?


悩みますね。

アイデアの数だけ楽しみがある
カテゴリ:住宅・建築(リフォーム・新築の事)  / 投稿日付:2018/06/02 00:00


注文建築や自由設計の打合せで

 

 

大切な事の1つに


【営業・設計の資質】があります。

 

 

これは間違いない。

 

 

 

お客さんの希望を出来るだけ叶えたい。

 

 

お客さんの潜在的な思いを汲み取りたい

 

 

もっと良い提案があるんじゃないだろうか。

 

 

これらの思いをどれだけ持って


仕事が出来るかどうか。

 

 

 

20年以上 住宅・不動産の仕事をやってきて

 

 

また責任者として後輩や部下を見てきて

 

 

性格にもよりますよね・・・ぶっちゃけ(汗)

 

 

ただ話をし続けると思いは伝わるもんです。

 

 

 

簡単に言うと


サービス精神と住宅が好き】という事。

 

 

この2つを持っていると


どんどん住宅の知識を吸収して

 

 

お客さんとの打合せに幅がでてきます。

 

 

こうなれば打合せも楽しいもの。

 

 

提案の引き出しが多いほど打合せが楽しい。

 

 

アイデアが多いほど、納得できる。

 

 

 

数字ばかりに追いかけられている営業が多いから

 

 

なかなか見分けがつかないかもしれませんが

 

 

住宅の打合せの楽しい部分も多く味わってもらいたい。

 

 

予算なんて 厳しい人がほとんどなんですから

 

 

その中で アイデアが重要になってきますよ。

仲介の密度
カテゴリ:不動産の事(営業・接客など)  / 投稿日付:2018/06/01 00:00


仲介業はイメージって大事だと思うんです。

 

 

 

お客さんが住むイメージが出来る

 

 

 

コレめちゃくちゃ大事なんですよ。

 

 

 


資産価値・ご要望の合致・生活スタイルなど

 

 

 

色々ヒアリングして感じる事はありますが

 

 

 

その物件に住むお客さんが



イメージできるかどうか

 

 

 

コレが最終の判断材料にしてます。

 

 

 


 

ご案内する前から



イメージできる事もあれば

 

 

 

見学して、その後でよく考えてみたら



・・・って事も。

 

 

 


 

で結論とすれば

 

 

 

お客さんもその物件を



選ばれている確率が高い。

 

 

 

当たり前なんですけどね。

 

 

 

 

 

イメージも出来てないのに申込をすすめる営業

 

 

時間が必要なのに決断を促す営業

 

 

何も考えずに「いいでしょ」ばかりの営業

 

 

 

だから不動産会社はたいして仕事してないのに

 

 

 

仲介手数料だけは取られるっていう

 

 

 

世間のイメージがついてしまってる。

 

 



 

ぶっちゃけて書くと

 

 

 

そりゃ広告バンバンして



出来るだけ多く集客して

 

 

 

できるだけ多く物件の案内をして

 

 

 

「いいと思いますよ」って多く言えば

 

 

 

ご契約の数は増えると思います。

 

 

 

でも 私としては それが楽しいとは思わない。

 

 

 

もっと密度のある仲介をしたいと思ってます。


新築の間取りに一言
カテゴリ:住宅・建築(リフォーム・新築の事)  / 投稿日付:2018/06/01 00:00


『新築一戸建ての間取りをどう思います?』



たまにお客さんに聞かれます。


建築条件付き土地でも提案される


参考プランも一緒ですね。



私の答えとすれば


『良いなぁっていうのは少ないです』


こういった間取りって


お客さんの要望があって書いてないので


難しいのは分かるんです。


要望があった方が間取りは考えやすい。



でも、『ホンマにちゃんと考えたん?』


っていう物件が多過ぎる気はします。


設計の人が書いた間取りなんだろうけど


売主である不動産会社が


間取りに興味をあまり持ってないので


中途半端な感じになってますよね。



メッチャ考えて建てた30坪の家も


中途半端な間取りの30坪の家も


価格は一緒なんですよ。


すごい矛盾・・・


価格差あってもいいんちゃうやろか。



でも『?』な間取りの家も


完成して、実際に見学すれば


多くの人はあまり気づかないんですよね。


なので 私は良いかなと思える家しか


すすめない様にしてます。

 < 1 2

ページトップへ